袖振り合うも多生の縁

 

立てこもり、一夜明けても続く

  • 投稿者 : waspecialtyfoods
  • 2016年5月25日 9:23 AM

愛媛県松山市のマンションで、昨晩から刃物を持った男が元交際相手の女性を人質に立てこもっている。一夜明けた今朝も、まだ警察が説得を続けているそうだ。
現場となったマンションは、JR松山駅から1キロほどしか離れていない比較的町中にある。3階建てで、立てこもりが発生しているのは1階だという。犯人の男は40代で、人質の女性は20代とされている。
警察が話し合おうとすると、男は包丁を見せて「家に入るな」と言った。犯人の男と人質の女性は、かつて交際していたとみられる。
警察は、女性の親族から女性が行方不明だと捜索を依頼され、女性を探していた。すると、マンションを訪ねた際、男が立てこもっているのを発見。女性には無傷だったように見えたそうだ。現在も男に対して、警察は説得を続け、女性の解放を求めている。
警察が訪ねた時、女性は無事だったという。はやく解放してあげてほしい。

 

松本人志、「やっとベッキーなくなったな」

  • 投稿者 : waspecialtyfoods
  • 2016年5月24日 10:41 AM

ダウンタウンの松本人志が5月22日、フジテレビ系で放送されている人気番組の「ワイドナショー」で、「やっとベッキーなくなったな」と、心底ホッとした表情を見せました。
同番組では、タレントのベッキーとロックバンドの「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音による、不倫騒動を問題が勃発して以来ずっと追いかけていました。
そして先週、ようやく川谷の元妻が騒動収束を願った手紙をベッキーの所属事務所社長に送ったとし、今回の流れに一つの区切りが付けられたと報道をしました。
番組冒頭で、東野幸治が「今週もいろいろなニュースがありましたので、皆さんのコメントを聞きたいと思います」と振ると、松本人志は、心底ホッとした表情を見せ「やっとベッキーなくなったな」と、騒動収束について歓迎のコメントを述べました。

 

渋谷パルコ、建て替えで休業へ

  • 投稿者 : waspecialtyfoods
  • 2016年4月7日 10:27 AM

パルコは4月6日、東京・渋谷の「渋谷パルコ」を8月7日で一時休業すると発表したそうだ。宇田川町地区の再開発に伴う建て替えが理由で、2019年秋の開業を目指すという。休業するのは、宇田川町の「パート1」「パート3」計約4万3000平方メートルだそうだ。
渋谷パルコは1973年に「パート1」の開業でスタートし、若者ファッションの中心地の1つとして親しまれてきた。2015年度のテナント売上高は約153億円とのこと。
建て替えは、パルコが開発施工予定者として東京都に提案した宇田川町の再開発計画に伴うものだそうだ。計画では、約5380平方メートルの敷地に地上20階・地下3階、延べ約6万5000平方メートルのビルを建設し、店舗や劇場などを含む複合施設になるという。来年3月に着工し、2019年9月の完成を見込む。
渋谷は海外からの来訪者も多く、19年度には東京急行電鉄とJR東日本、東京メトロも地上47階の野外展望台を目玉にした新ビルを開業する予定とのこと。パルコは「次世代グローバルショッピングセンターとして新生渋谷パルコを創造することで、さらに街の活性化に貢献できる」としているという。
しばらく休業してしまうのは寂しいが、2019年にグレードアップして帰ってきてくれることを期待しよう。

 

鵜飼い大ピンチ

  • 投稿者 : waspecialtyfoods
  • 2016年3月15日 9:32 AM

広島県三次市の夏の風物詩観光鵜飼いに使用される鵜が今年に入ってから相次いで死亡しているという。結果、6月に開幕する観光鵜飼いが例年通り開催できるかわからない。観光鵜飼いは450年の伝統を持つ。3人の鵜匠に操られた各7羽程の鵜が、鮎を捕獲し水面に上がってくる。
三次市粟屋町の飼育場では25羽を飼育されていたが、1月下旬から合わせて14羽が死亡した。
鵜匠会長の日坂文吾さんは「手の施しようがなく、どうしていいか分からない状態」と話す。
原因は、1月下旬の寒波の時期に1週間程水に入れなかったこと。脱水により腎臓に障害出たという。
鵜飼い運営の三次市観光協会では、夏の「鵜飼い開き」までに10羽の鵜を購入するとして、協会専務理事の政森進さんは「大ピンチですが、これを逆転して4500人を目指して頑張りたい」と開催への意気込みを見せた。
三次の鵜飼いは、去年県の無形文化財に指定されたため、増田和俊市長は「想定しない事態だが、6月1日から進めるように努力したい」としている。
通常鵜飼いの鵜は、4年ほどをかけて調教する。今回の鵜は5月中旬に入ってくる予定で、2週間程で本番に挑むことになる。

 

東宝シンデレラ、5年ぶり実施

  • 投稿者 : waspecialtyfoods
  • 2016年3月1日 10:10 AM

沢口靖子、長澤まさみら数々の女優、タレントを輩出した「東宝シンデレラオーディション」が、5年ぶりに開催されることがわかりました。
今回は、「第8回東宝シンデレラオーディション In collaboration with 集英社」と銘打たれ、グランプリ受賞者には、映画女優デビューが確約されるとのこと。
また、同オーディション史上最高額となる賞金300万円、推薦者には別途100万円が贈られるといいます。
東宝シンデレラオーディションの実行委員長を務める、東宝の市川南取締役によりますと、「いろいろなオーディションがありますが、映画会社らしい派手なものにしたい。グランプリ受賞者には、絶対に映画に出てもらうということを確約します!」と語るように、2017年に撮影を予定している、集英社原作の東宝製作映画でのデビューが約束されています。
なお、グランプリの決定は2016年11月上旬を予定しています。

 

植物園のたとえツイートが人気

  • 投稿者 : waspecialtyfoods
  • 2016年2月1日 11:03 AM

大阪市鶴見区の植物園「咲くやこの花館」がツイッターで紹介する植物が面白いと話題だ。脳みそのようなサボテン、ウサギの群れのような食虫植物など、植物に詳しくない人でも楽しめるような情報発信を心がけているという。1千人ほどだったフォロワーは、こうした投稿を始めてから3倍近くに増え、遠方から見に来る人も出てきたそうだ。
「草原で戯れるウサギ…ではなく、湿原に生きる食虫植物”ウトリクラリア・サンダーソニー”です♪別名はウサギゴケ」
2014年12月。同館のツイッターにマクロレンズで接写した植物の写真がアップされた。約3ミリの小さな花で、花びらはウサギの花のようだ。すぐに「ちっちゃいウサギ!可愛い」「素敵な花ですね!」などとコメントされ、11年に同館がツイッターを始めて初の100件を超えるリツイートがあったという。「何かに例えると反応がすごくいいことが分かった」と担当者の宮本さん。他のスタッフらと相談し、植物を食べ物や動物、人の顔などに例えて紹介し始めたそうだ。今はスタッフ5,6人がほぼ毎日、約2600種類ある同館の植物から「イチオシ」をツイートしているという。
15年4月には脳みそのように見えるサボテンを紹介。「『金てまり』という名のサボテンです。これは…まるで…。思わず足を止めずにはいられない、凄い迫力!」とツイートすると、すぐに「Oh no!(脳(笑)」「めっちゃ、うねうねしてる」など感嘆の声が上がったという。
昨年12月にはリツイートが一番多かった投稿をランキング形式でまとめ、同館のブログで紹介したそうだ。宮本さんは「もっと植物の魅力を伝えたい」と話しているという。確かに普通なら見る機会がない、珍しい植物を分かりやすくたとえてくれると興味がわき、話題にもしやすい。とてもいいアイデアだ。

 

サイレン音が聞きたくて119番通報

  • 投稿者 : waspecialtyfoods
  • 2016年1月12日 10:15 AM

11日、吉川署は偽計業務妨害の疑いで、八潮市に住む本田秀介容疑者を逮捕した。
本田容疑者は前日10日午後1時ごろ、公衆電話から埼玉県三郷市消防本部に「電器屋が燃えている」などと嘘の火災通報をして、業務を妨害したとされる。
警察によると、消防隊が駆け付けた電器屋には火事は起きておらず、近くには通報がされた公衆電話があったという。電話をかけていた男の目撃情報で、電話の様子を見ていた人が「公衆電話に変な人がいる」と署に連絡。逃げた方向をパトロールしていた署員が、服装などから犯人を割り出し、近くに住む本田容疑者が逮捕された。
本田容疑者は、「通報したのは間違いありません。消防車のサイレンの音を聞くと興奮した」と取り調べで話したという。
火事がなかったのは良かったがなんとも迷惑な話だ。 

 

病院を変えた、ある女子高生の死

  • 投稿者 : waspecialtyfoods
  • 2015年12月21日 9:46 AM

東北大病院の正門前にそびえる高さ約3メートルの救命救急の碑。元病院長の山田章吾さんは、碑を建てるきっかけとなった16年前の事故を一日たりとも忘れたことはないという。
1999年6月23日午後6時35分頃、病院正門前の歩道で自転車に乗っていた宮城一女高2年の女子生徒がバランスを崩して車道に倒れ、後ろから来た市バスに轢かれてしまったそうだ。居合わせた誰もが目の前にある東北最大の医療機関に搬送されると思った。ところが、女子生徒を乗せた救急車が向かったのは、約3キロ離れた別の病院だったという。東北大病院に救急部はあったが、現在の高度救命救急センターのように常時患者を受け入れていなかったそうだ。診療は夜間や休日に限られていた。
研究第一主義を掲げ、不測の患者に対する救急医療は研究の妨げになる…そんな意識が大学側に合ったのかもしれない。女子高生は約三時間後に息を引き取ったそうだ。
女子生徒の母親は「目の前の大病院に運んでくれれば、娘は助かったのではないか」、そんな思いを抱えていた。夫と共に精神科に通い、安定剤を飲んだという。
事故から4年後の2003年、両親は東北大病院に呼ばれた。病院長室で「助けてあげられず、申し訳ありませんでした」と頭を下げたのは、その前年に病院長に就任していた山田院長だった。山田さんが病院長になって最優先課題としたのは救急医療の充実だった。専門はがんの放射線治療で門外漢だったが、事故現場に絶えることなく手向けられる花を見て、碑を建てることに決めたそうだ。「目の前で倒れた人に手を差し伸べることができなかった。ここで医療に携わる者は、その反省をずっと胸にとどめてほしい」と願いを込めた。
06年、院内に開設された高度救命救急センターには、東日本大震災の際、80人を超える患者がヘリで搬送されるなど、多くの命を救った。女子生徒が生きた年月と同じ16年が過ぎ、彼女の母親は「そのきっかけを作ってくれたのは娘だった。今はこう自らを納得させているんです。娘は、このために生まれてくれたんだなって」と話す。
事故が起きてしまったことは悲しいが、こうしてきっかけとなって病院側が変わり、多くに人の命が救われるようになったということは救いとなったのではないだろうか。

 

「着る化粧品」日本初の開発

  • 投稿者 : waspecialtyfoods
  • 2015年12月1日 10:36 AM

帝人は30日、子会社の帝人フロンティアが、肌荒れを防ぎ皮膚に潤いを与える効果のある化粧品成分を配合したウェア「ラフィナン」を開発したと発表した。女性用下着などを2016年春夏物から展開するという。肌着分野での医薬品医療機器法に基づく化粧品は日本で初めて。
「ラフィナン」はポリエステル繊維に、健康な肌に近い弱酸性の化粧品成分であるリンゴ酸を配合しているのが特長。肌に直接触れるように着用することで肌荒れなどを防ぐそうだ。効果は複数回選択しても変わらないという。
帝人フロンティアは「ラフィナン」を応用したTシャツなどのスポーツアイテムをデザイン向けに提供するほか、他のアパレルメーカーにも計画とのこと。
どれくらい効果があるものなのだろうか。着心地や、価格なども気になるところだ。

 

PCの電気代節約するにはシャットダウンかスリープ?

  • 投稿者 : waspecialtyfoods
  • 2015年11月9日 10:39 AM

世帯当たりの電気使用量のうち、2.5%を占めるのがPCだと言われています。
使用中は仕方ないとしても、使っていないときの電気代はなるべくカットしたいものですよね・・・。
でも、「PCは起動する時が一番電気を使う」という話もよく耳にしますよね。
つまり、完全にシャットダウンした方がいいのか、それともスリープだけにしておいた方がいいのか・・・。どっちの方が電気代の節約になるのでしょうか?
この問題を一気に解決に導くのが、Microsoftです。
同社の調査によると、このボーダーラインは「90分」とのこと。
それ以上使わないのであればシャットダウンの方が省エネで、それ以下の休憩程度でしたらスリープの方が省エネなのだそうです。
これでもう電源を落とすべきか、スリープにしておくべきか、で悩むことはありませんね!

次ページへ »