ゲオが格安スマホに参入

DVDレンタル店「ゲオ」など約1400店舗を展開するゲオホールディングスは2日、NTTコミュニケーションズと提携し、格安料金のスマートフォン事業に参入すると発表したそうだ。自社で扱う中古端末とNTTコムSIMカードを組み合わせ、「ゲオスマホ」のサービス名で販売するとのこと。店舗網の強みを活かし、契約中の電話番号を引き継げるMNPに即時対応することで年間100万台の発表を目指すそうだ。
月額料金は通信容量に応じて異なるが、24回払いの端末代を含め税込2728円からだそうだ。中古端末のほか中国・華為技術(ファーウェイ)製など新品のスマホ2機種も投入。まず携帯専門の50店舗から開始するとのこと。ゲオは中古販売の売買を平成21年に始め、年間30万台を販売している。遠藤社長は「培ったノウハウを生かし、2千万人のレンタル会員に売り込みたい」と会見で述べていたそうだ。
徐々に広がりを見せ始めている格安スマホ。今後利用者がどんどん増えていくことになるのだろうか。