不審なSNSの友達申請

海外SNSの友達リクエストを承認したら、友人に自分名義の招待メールが送られてしまった。このような相談が急増していると、IPAが注意を呼び掛けている。
同機構によると、友人からの友達リクエストと思しきメールが来たので承認したところ、Googleの連絡先に登録したアドレスに自分の名前で同様の友達リクエストメールがばらまかれたようだ、といった相談が10月に入って前月の3倍以上となる39件寄せられたとのこと。
こうしたメールのリンクをクリックして友達リクエストを承認すると、サービス連携の承認画面が表示される。サービス連携を許可すると、海外SNSが自分のGoogleの連絡先情報を利用できるようになり、自分の名前で友達リクエストメールが友人知人に送られることになってしまう。
IPAは、会社など組織のメール機能をGoogle Appsで利用している場合、このようなサービス連携を不用意に許可すると、自社の名義で取引先に招待メールが届き、信用を損なう可能性もあると指摘。不用意にサービス連携を許可しないこと、意図せず許可したサービス連携は削除することを呼び掛けている。
Facebookの友達リクエストは全く知らない人とつながることもできるので人脈が広がる可能性もあるが、こうした危険も孕んでいるということを忘れてはならない。