和紙、無形文化遺産に

この度、和紙が無形文化遺産に登録された。国連教育科学文化機関、通称ユネスコは、フランスのパリ、ユネスコ本部で政府間委員会を開き、日本が推薦してきた、「和紙」と「和紙技術」を無形文化遺産に登録することを決めた。去年の「和食」に続き、2年連続の登録となった。このことから、文化庁では「今後も日本の文化や伝統工芸の技術の高さを世界にアピールしたい」としている。今回ユネスコに登録された和紙は国の重要無形文化財に登録されている、島根県の「石川半紙」、岐阜県の「本美濃紙」、埼玉県の「細川紙」の3つ。日本が誇る伝統工芸がまたひとつ世界に認められる形となった。2020年には東京オリンピックを控えている日本。日本を訪れる外国人観光客の数も右肩上がりとなっている。今回の「和紙」の無形文化遺産の登録が日本の良さを伝えるひとつのきっかけとなってほしい。

マッスルスーツ

圧縮空気で伸縮するゴムチューブを使い、人や荷物を中腰で持ち上げる作業を補助する「マッスルスーツ」の本格的な販売やレンタルを始めると、東京理科大工学部発のベンチャー企業「イノフィス」が発表した。昨年から訪問入浴介護サービスや工場、物流施設向けに計約760台をモニター販売し、腰の負担が3分の1に減るため腰痛を防ぐことができ、高齢者や女性も力が必要な作業ができると検証できたため、本格的な運用を始動することになったという。販売価格は1台60万円だが、レンタルが中心になるそうだ。

マッスルスーツは電動モーターではなく、網で包んだゴムチューブの「人工筋肉」を使用している。5気圧の圧縮空気を注入すると、太く短く変形する力を利用する。リュックサックのように背負って装着し、スイッチを入れるとももに力が伝わって作業を補助する。圧縮空気はボンベを背負うか、コンプレッサーからホースをつないで供給する。標準モデルはボンベを除く重さは5.5キロ。ストローのような装置を口にくわえる「呼気スイッチ」を使えば、息を吸うと力が出て、息を吐くと力が抜ける。力に自信がない人でも力持ちになったような気分になれるのはちょっと面白い。

流行色は2年前に決まる?

ファッションの世界で次に流行する色は、2年前にほぼ決まるという。

どうやら、ファッションの専門家たちが集まる委員会で流行色を決定するというのだ。

流行色について話し合う、国際機関の本部がパリにあり、世界14か国の代表が集まって、

毎年6月と12月に会議が開かれる。

この会議で出された30~40のトレンドカラーを各国が持ち帰り、日本でもデザイナーや

ファッションの専門家の意見をもとに日本独自の流行色の予測がされます。

この予測はファッションブランドや各メーカーに発信され、次のシーズンの商品の準備が

進められます。

ファッション雑誌の打ち出す、「今年の色」もこのように決められているのだ。

すでに決まっているであろう、2015年の流行色は、どんな色だろうか。

調べてみるのも面白いかもしれない。

今は五番手だが

丸紅は1960年代から1970年代前半には三菱商事・三井物産と並んでスリーエムと称される総合商社トップ3の一角であったが、その後伊藤忠が安宅産業を合併して力を付けたことや、住友商事の台頭、さらにはロッキード事件の影響などもあって、現在では総合商社中、第5位に甘んじている。
1858年、初代伊藤忠兵衛が麻布の「持下り」行商を開始したことをもって創業としている。
そのため、同業の伊藤忠商事株式会社とは同根。
その後、いったん伊藤忠と分割されたものの、戦時中に再度合併、戦後の財閥解体措置により再度両社は分割され、1949年に現在と直接つながる丸紅株式会社が設立された。
社名は、創業者の伊藤忠兵衛が、「紅は高貴な色である」として実家の屋号「紅長」から1文字をとった「紅忠」という商号を使用して、○の中に紅という文字を入れた印を暖簾や半纏に使ったことに由来する。

チキンラーメン

安くて調理が簡単、チキンラーメン。
日清食品創業者の安藤百福が終戦直後の大阪・梅田の闇市でラーメン屋台に並ぶ行列を見て、「もっと手軽にラーメンを」と開発した。
チキンラーメンの開発は、安藤が大阪府池田市の自宅の敷地内に作業小屋を建て、試行錯誤の末に生まれた。
ある日、夫人が作っていた天ぷらの調理法を見て受けた印象や食感をヒントに、「油の熱で乾かす」瞬間油熱乾燥法を思いつき採用した。
池田市にある「インスタントラーメン発明記念館」には、チキンラーメンを開発した作業小屋が復元・展示されている。

由来

薬園台の名前の由来。
8代将軍吉宗の時代、この地に幕府直轄の薬草園が開かれたことから名付けられた。
薬草園では、朝鮮人参、黄連おうれんなどが栽培されていたものと想定されている、詳しいことは殆ど分かっていない。
昭和48年に住居表示が実施され「薬園台」から「薬円台」に変わるが、駅名や学校名に未だ旧名が残っている。

今は違う

昭和の頃、故障した家電は叩けば直ると言われていた。
実際に直ったケースも多かった様に思う。
故障の原因が埃などの場合、取れて接触不良が直る事もあったのだろう。
しかし今は、家電と言えばコンパクトが売りなので内蔵されている部品もよりデリケートになっている。
それによって、叩くと余計壊れる、という可能性が高い様だ。
どうしようも無くなった時の最期の手段として、叩いて直す、という教えも今は違うのか。
少しさびしい気にもなる。

80年代のヒット

80年代にヒットした食品及び飲料。
今も人気を持続している物も多い。
ポカリスエット。
大塚製薬が1980年から発売している清涼飲料水である。
コンセプトは「飲む点滴」で、ヒトの体液に含まれる7種類のイオンを含有する。
コーラグミ。
明治が日本で初めて発売したグミである。発売当時は「グミ」というカテゴリーがなかったため、「ゼリーキャンディ」として販売されていた。
雪見だいふくもある。
多くの物が世に出た80年代だった。

かちかち山

かちかち山にはどういう教訓があるだろう。
ウサギは知恵者、人間の味方として描かれ、タヌキは他の昔話や民話でもそうであるように、人間をだます者、人間を化かす者として描かれる。
平安時代からすでにみられる、キツネ・タヌキ・ムジナを人間や地蔵や物に化けて人間を困らせるものとして描く類型のひとつ。
この物語は三部構成、あるいは三つの話の複合形態をとっているとみることができる。
第一話:人間に悪戯をする動物が捕らえられる話
第二話:人間に捕えられた動物が知恵で人間をやりこめる話
第三話:人間は出てこず、動物同士の争いの話

迷信ではない

遠くの音がよく聞こえると雨が降る。
これは、気温が下がれば相対湿度も高くなり、音は聞こえやすくなる。
また、音の速さは気温によって異なり、空気中の温度が一様でないと音波は屈折する。
地上付近の気温が高く上空の気温が低いと、音は上へ曲がり、遠くの音はあまり聞こえない。
逆に地上付近の気温が低ければ、音は下へ曲がり、遠くの音でもよく聞こえる。
という事なのだそうだ。
つまり、これは迷信ではなく物理的にも正しい説なのだ。